・パスポート概要
 
 

発表される方へ

本年会では口頭発表を行った方を含めて、一般発表全発表者の方にポスター発表を行って頂くことになっております。

●ポスター発表:日程と発表時間

ポスター発表は、3月29,30,31日の3日間にわたって東京ビッグサイト西3・4ホール(西展示場4F)で行います。分野ごとの発表日は以下の通りです。
 
ポスター発表:
3月29日(火) 物理系薬学、医療薬科学
3月30日(水) 生物系薬学、環境・衛生薬学、薬学教育
3月31日(木) 化学系薬学、医薬化学、社会薬学

ポスターは、該当日に終日掲示します。
 
準備時間 当日の8時から9時までの間にポスターを掲示して下さい。
掲示時間 9時〜18時(31日は9時〜16時)
説明時間 発表者は以下の時間帯に、ポスターの前で質疑応答を行って下さい。
奇数発表番号 12時〜13時
偶数発表番号 13時〜14時

●ポスター発表:発表の要領

ポスターボードの大きさは、下図を参照して下さい。このボードの中で、A欄には、発表番号が書かれています。B欄(100×20cm)に発表題目、所属、氏名(発表者に○印)を、C欄(120×190cm)に発表内容を掲示して下さい。
発表者はポスター会場で備え付けの押しピンを用いてポスターを掲示して下さい。また、演者用のリボンを着装して下さい。
ポスターは掲示時間が終了後速やかに撤去して下さい。
やむを得ない事情で所定の時間までに掲示できない場合は、その旨をポスター発表受付または大会本部に連絡して下さい。
ご連絡の無い場合は「発表取り消し」と掲示します。

●ポスター発表:発表番号について

例) 29-0101:29日のパネル番号0101の演題

●口頭発表:日程と発表時間

本年会では約30%の一般学術発表を口頭発表形式により行います。口頭発表は、関連の演題をワークショップとしてまとめて、東京ビッグサイト、日本科学未来館、東京国際交流館の11会場で3月29日から31日まで行います。口頭発表を行う演者の方々にも、全員ポスター発表を併せて行って頂きますのでご協力下さい。
口頭発表(ワークショップ)は発表時間8分、質疑応答3分で行います。
それぞれのワークショップについて、名称、会場、開催時間帯を「一般学術口頭発表(ワークショップ)日程表」に記載しましたのでご参照下さい。

●口頭発表:発表の要領

 演者が各自持参されるパソコンを、会場備え付けのプロジェクターに接続して発表を行います。会場に用意してある液晶プロジェクターの仕様、コンピューターの設定、その他注意事項は「口頭発表に関する注意」に従って準備して下さい。なお、トラブル等が発生したときに備えて、パワーポイントのデータ(CD-RまたはUSBメモリースティック)を持参して下さい。

●口頭発表:発表番号について

例) W31-6:ワークショップNo.31の6番目の演題

●発表題目の変更について

 発表取り消し、発表者変更などの場合は、なるべく早めに各会場の「座長・演者・PC受付」にお申し出下さい。発表題目の変更は認めません。

日本薬学会 マクスマラシステムズ